文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

素描三題:芥川 龍之介(60-98)/98

 武さんはやつと三度目にU先生に辿り着いた。

Mr. Take reached U-sensei for the third time with him.

U先生は小説家ではない。

U is not a novelist.

名高い基督教的思想家だつた。

He was a renowned Christian thinker.

武さんはこのU先生により、次第に信仰へはひつて行つた。

Take U gradually went to faith by this U teacher.

同時に又次第に現世には珍らしい生活へはひつて行つた。

At the same time, he gradually went on to a life that was rare in this world.

 それは唯はた目には石鹸や歯磨きを売る行商だつた。

 It was a peddler selling soap and toothpaste.

しかし武さんは飯さへ食へれば、滅多に荷を背負つて出かけたことはなかつた。

However, Take-san rarely went out carrying a load when he went to eat.

その代りにトルストイを読んだり、蕪村句集講義を読んだり、就中聖書を筆写したりした。

Instead, he read Tolstoy, read Kabumura's collection of lectures, and transcribed the Bible.

武さんの筆写した新旧約聖書は何千枚かにのぼつてゐるであらう。

There are thousands of New and Old Testaments that Mr. Take has copied.

兎に角武さんは昔の坊さんの法華経などを筆写したやうに勇猛に聖書を筆写したのである。

In the end, Mr. Kakutake courageously copied the Bible as he copied the old Buddhist Sutras.

 或夏の近づいた月夜、武さんは荷物を背負つたまま、ぶらぶら行商から帰つて来た。

On the approaching moonlit night of a summer, Mr. Take returned with a baggage on his back.

すると家の近くへ来た時、何か柔かいものを踏みつぶした。

Then when I came near my house, I trampled something soft.

それは月の光に透かして見ると、一匹の蟇がへるに違ひなかつた。

Seen through the light of the moon, it seemed to me that a single squid was weak.

武さんは「俺は悪いことをした」と思つた。

Takeshi thought, "I did something wrong."

それから家へ帰つて来ると、寝床の前に跪き、「神様、どうかあの蟇がへるをお助け下さい」と十分ほど熱心に祈祷をした。

Then, when I came home, I knelt in front of my bed and prayed enough enthusiastically, "God, please help me with that lizard."

(武さんは立ち小便をする時にも草木のない所にしたことはない。

(Mr. Take has never left a place without vegetation when standing and pissing.

尤もその為に一本の若木の枯れてしまつたことは確かである。)

However, it is certain that a young tree has died. )

 武さんを翌朝起したのはいつも早い牛乳配達だつた。

 I always woke up Takeshi for the early milk delivery.

牛乳配達は武さんの顔を見ると、紫がかつた壜をさし出しながら、晴れやかに武さんに話しかけた。

When looking at Mr. Take's face for milk delivery, he spoke to Mr. Take in a brilliant manner, with a purple bottle showing his bottle.

「今あすこを通つて来ると、踏みつぶされた蟇がへるが一匹向うの草の中へはひつて行きましたよ。

"Now, when I pass through Asuko, the trampled toad turns down, but I went into the grass against which one animal was facing.

蟇がへるなどといふやつは強いものですね。」

It's a strong thing, such as a calf. "

 武さんは牛乳配達の帰つた後、早速感謝の祈祷をした。

After taking milk delivery, Mr. Take immediately prayed for gratitude.

――これは武さんの直話である。

--This is a true story of Mr. Take.

僕は現世にもかういふ奇蹟の行はれるといふことを語りたいのではない。

I don't want to tell you that a miraculous miraculous event will take place in this world.

唯現世にもかういふ人のゐるといふことを語りたいのである。

I would like to talk about the world's greatest people.

僕の考へは武さんの考へとは、――僕にこの話をした武さんの考へとは或は反対になるであらう。

To my thoughts, Take's thoughts-may be the opposite of Take's thoughts that told me this story.

しかし僕は不幸にも武さんのやうに信仰にはひつてゐない。

But unfortunately, I'm not as interested in faith as Mr. Take.

従つて考への喰ひ違ふのはやむを得ないことと思つてゐる。

Therefore, I think that it is unavoidable to make mistakes in thinking.

(昭和二・五・六)

(Showa 2, 5, 6)

底本:「芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房

Sokomoto: "Ryunosuke Akutagawa Complete Works Vol. 4" Chikuma Shobo

   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行

Issued the first edition on June 5, 1971 (Showa 46)

   1971(昭和46)年10月5日初版第5刷発行

Issued the 5th edition of the first edition on October 5, 1971 (Showa 46)

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:j.utiyama

Calibration: j.utiyama

1999年2月15日公開

Published February 15, 1999

2004年3月9日修正

Revised March 9, 2004

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at the Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped with the input, proofreading, and production.