文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

東京に生れて:芥川 龍之介(1-38)/38

東京に生れて

Born in Tokyo

芥川龍之介

Ryunosuke Akutagawa

 変化の激しい都会

A rapidly changing city

 僕に東京の印象を話せといふのは無理である。

 It is impossible to tell me the impression of Tokyo.

何故といへば、或る印象を得るためには、印象するものと、印象されるものとの間に、或る新鮮さがなければならない。

After all, in order to have an impression, there must be some freshness between what is impressed and what is impressed.

ところが、僕は東京に生れ、東京に育ち、東京に住んでゐる。

However, I was born in Tokyo, grew up in Tokyo, and lived in Tokyo.

だから、東京に対する神経は麻痺し切つてゐるといつてもいゝ。

Therefore, the nerves to Tokyo are always paralyzed and dead.

従つて、東京の印象といふやうなことは、殆んど話すことがないのである。

Therefore, I never talk about the impression of Tokyo.

 しかし、こゝに幸せなことは、東京は変化の激しい都会である。

However, the thing that makes me happy is that Tokyo is a city that is undergoing dramatic changes.

例へばつい半年ほど前には、石の擬宝珠のあつた京橋も、このごろでは、西洋風の橋に変つてゐる。

For example, about half a year ago, the Kyobashi, where the stone pseudo-jewels were made, has also been transformed into a Western-style bridge these days.

そのために、東京の印象といふやうなものが、多少は話せないわけでもない。

That's why I can't tell you what the impression of Tokyo is.

殊に、僕の如き出不精なものは、それだけ変化にも驚き易いから、幾分か話すたねも殖えるわけである。

In particular, a lame person like myself can easily be surprised by changes, so that he can grow up some talk.

 住み心地のよくないところ

Places where living is not comfortable

 大体にいへば、今の東京はあまり住み心地のいゝところではない。

Approximately, today's Tokyo is not very comfortable to live in.

例へば、大川にしても、僕が子供の時分には、まだ百本杭もあつたし、中洲界隈は一面の蘆原だつたが、もう今では如何にも都会の川らしい、ごみ/\したものに変つてしまつた。

For example, even in Okawa, when I was a kid, there were still hundreds of piles, and the Nakasu neighborhood was a full-blown river, but now it looks like an urban river. It changed into what I did.

殊にこの頃出来るアメリカ式の大建築は、どこにあるのも見にくいものゝみである。

In particular, it is hard to see the large American-style buildings that were built around this time.

その外、電車、カフエー、並木、自働車、何れもあまり感心するものはない。

On the other hand, there are no trains, kafuayes, tree-lined trees, or self-driving cars.

 しかし、さういふ不愉快な町中でも、一寸した硝子窓の光とか、建物の軒蛇腹の影とかに、美しい感じを見出すことが、まあ、僕などはこんなところにも都会らしい美しさを感じなければ外に安住するところはない。

However, even in the unpleasant town, it is possible to find a beautiful feeling in the light of a glass window or the shadow of the eaves of a building. Well, I must feel the urban beauty in such a place. There is no place to live outside.

 広重の情趣

Hiroshige's affection

 尤も、今の東京にも、昔の錦絵にあるやうな景色は全然なくなつてしまつたわけではない。

By the way, I don't mean that the scenery of old Nishiki-e is completely lost in Tokyo now.

僕は或る夏の暮れ方、本所の一の橋のそばの共同便所へ入つた。

I went to a communal toilet near the Ichino-no-bashi in the main building one summer.

その便所を出て見ると、雨がぽつ/\降り出してゐた。

When I looked out of the toilet, it started to rain.

その時、一の橋とたてがはの川の色とは、そつくり広重だつたといつてもいゝ。

At that time, it was always said that the color of the Ichino-bashi and the river of Tategaeno was created and Hiroshige.

しかし、さういふ景色に打突かることは、まあ、非常に稀だらうと思ふ。

However, hitting the scenery is very rare.

 郊外の感じ

Suburban feeling

 序でに郊外のことを言へば、概して、郊外は嫌ひである。

 Introducing the suburbs, I generally dislike the suburbs.

嫌ひな理由の第一は、妙に宿場じみ、新開地じみた町の感じや、所謂武蔵野が見えたりして、安直なセンチメンタリズムが厭なのである。

The first reason I don't like it is that the sentimental feeling of a town, that of Shinkai land, and the so-called Musashino area can be seen, and the sentimental sentimentalism is a nuisance.

さういふものゝ僕の住んでゐる田端もやはり東京の郊外である。

Saifumono "I live in Tabata is also a suburb of Tokyo.

だから、あんまり愉快ではない。

So it's not very fun.

底本:「心にふるさとがある17 わが町わが村(東日本)」作品社

Sokomoto: "17 my town with my hometown, my village (eastern Japan)"

   1998(平成10)年4月25日第1刷発行

First print issued on April 25, 1998

※ルビを新仮名遣いとする扱いは、底本通りにしました。

*The treatment of ruby as a new pseudonym is as per the bottom line.

入力:浦山敦子

Input: Atsuko Urayama

校正:門田裕志、小林繁雄

Calibration: Hiroshi Kadota, Shigeo Kobayashi

2006年1月13日作成

Created January 13, 2006

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at the Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped with the input, proofreading, and production.