文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

田端日記:芥川 龍之介(1-52)/140

田端日記

Tabata diary

芥川龍之介

Ryunosuke Akutagawa

〔八月〕二十七日

[August] 27th

 朝|床の中でぐずついていたら、六時になった。

Morning | When I was slowly on the floor, it was 6 o'clock.

何か夢を見たと思って考え出そうとしたが思いつかない。

I thought I had a dream and tried to come up with it, but I couldn't think of it.

 起きて顔を洗って、にぎり飯を食って、書斎の机に向ったが、一向ものを書く気にもならない。

 I woke up, washed my face, ate rice and went to the desk in the study, but I didn't feel like writing anything.

そこで読みかけの本をよんだ。

So I read the book you read.

何だかへんな議論が綿々と書いてある。

Some kind of tedious discussion is written down.

面倒臭くなったから、それもやめにして腹んばいになって、小説を読んだ。

I got sick of it, so I stopped doing it and became hungry, so I read a novel.

土左衛門になりかかった男の心もちを、多少空想的に誇張して、面白く書いてある。

The spirit of a man who is about to become Dozaemon is exaggerated in a somewhat fanciful way and is written in a fun way.

こいつは話せると思ったら、こないだから頭に持っている小説が、急に早く書きたくなった。

When I thought he could speak, I suddenly wanted to write a novel I had in my head because it didn't come.

 バルザックか、誰かが小説の構想をする事を「魔法の巻煙草を吸う」と形容した事がある。

 Balzac or someone has described the idea of a novel as "sucking a magic cigarette".

僕はそれから魔法の巻煙草とほんものの巻煙草とを、ちゃんぽんに吸った。

Then I smoked a magic cigarette and a real cigarette.

そうしたらじきに午になった。

Then it was late afternoon.

 午飯を食ったら、更に気が重くなった。

After eating the lunch, I became even more distressed.

こう云う時に誰か来ればいいと思うが、生憎誰も来ない。

I hope somebody will come when I say this, but nobody will come.

そうかと云ってこっちから出向くのも厄介である。

That being said, it is awkward to go there.

そこで仕方がないから、籐の枕をして、また小説を読んだ。

There was no choice, so I wickered a pillow and read the novel again.

そうして読みながら、いつか午睡をしてしまった。

Then, while reading, I napped one day.

 眼がさめると、階下に大野さんが来ている。

When I awake, I see Mr. Ohno coming downstairs.

起きて顔を洗って、大野さんの所へ行って、骨相学の話を少しした。

I woke up, washed my face, went to Mr. Ohno, and talked a little about the physiology.

骨相学の起源は動物学の起源と関係があると云うような事を聞いている中にアリストテレスがどうとかと云うむずかしい話になったから、話の方は御免を蒙って、一つ僕の顔を見て貰う事にした。

It was a difficult story for Aristotle when I heard that the origin of phasiology had something to do with the origin of zoology. I decided to have a look.

すると僕は、直覚力も推理力も甚円満に発達していると云うのだから大したものである。

This is a big deal because I say that my intuition and reasoning are well developed.

もっともこれは、あとで「動物性も大分あります。」

However, this is later "a lot of animal nature."

とか何か云われたので、結局帳消しになってしまったらしい。

I heard that something was said, so it seems that it was eventually erased.

 大野さんが帰ったあとで湯にはいって、飯を食って、それから十時頃まで、調べ物をした。

After Mr. Ohno returned home, he went to the hot water, ate rice, and did research until around 10:00.

 二十八日

28th

 涼しいから、こう云う日に出なければ出る日はないと思って、八時頃うちを飛び出した。

 Because it's cool, I thought there would be no day if I didn't come out on these days, so I jumped out at about 8 o'clock.

動坂から電車に乗って、上野で乗換えて、序に琳琅閣へよって、古本をひやかして、やっと本郷の久米の所へ行った。

I took a train from Dozaka, transferred to Ueno, and then went to Rinkukaku to buy used books and finally went to Kume in Hongo.

すると南町へ行って、留守だと云うから本郷通りの古本屋を根気よく一軒一軒まわって歩いて、横文字の本を二三冊買って、それから南町へ行くつもりで三丁目から電車に乗った。

Then, I went to Minamimachi and said that I was out, so I patiently walked around each secondhand bookstore on Hongo-dori, bought a few horizontal books, and then took a train from 3-chome to go to Minamimachi. ..

 ところが電車に乗っている間に、また気が変ったから今度は須田町で乗換えて、丸善へ行った。

However, while I was on the train, I changed my mind again, so I changed trains at Sudamachi and went to Maruzen.

行って見ると狆を引張った妙な異人の女が、ジェコブの小説はないかと云って、探している。

When I go and see it, a strange strange woman pulling a parchment is searching for Jacob's novel.

その女の顔をどこかで見たようだと思ったら、四五日|前に鎌倉で泳いでいるのを見かけたのである。

When I thought I saw the woman's face somewhere, I saw him swimming in Kamakura 45 days ago.

あんな崔嵬たる段鼻は日本人にもめったにない。

Japanese people rarely have such a noisy choi.

それでも小僧さんは、レディ・オヴ・ザ・バアジならございますとか何とか、丁寧に挨拶していた。

Still, the little boy politely greeted me that there was Lady of the Baji.

大方この段鼻も涼しいので東京へ出て来たのだろう。

Most of the time, this nosing is also cool, so I think I went to Tokyo.

 丸善に一時間ばかりいて、久しぶりで日吉町へ行ったら、清がたった一人で、留守番をしていた。

 I was in Maruzen for an hour, and when I went to Hiyoshi-cho after a long time, Kiyo was the only one who was on the answering machine.

入学試験はどうしたいと尋いて見たら、「ええ、まあ。」

When I asked what I wanted to do for the entrance examination, I said, "Oh, well."

と云いながら、坊主頭を撫でて、にやにやしている。

However, he strokes his shaved head and grins.

それから暇つぶしに清を相手にして、五目ならべをしたら、五番の中四番ともまかされた。

Then, when I was killing time, I went to Kiyoshi, and when I arranged the five eyes, I was treated as the fourth out of the fifth.

 その中に皆帰って来たから、一しょに飯を食って、世間話をしていると、八重子が買いたての夏帯を、いいでしょうと云って見せに来た。

 Everyone came back in it, so when I had a meal together and had a small talk, I said that Yaeko's freshly bought summer belt would be good.

面倒臭いから、「うんいいよ、いいよ。」

It's troublesome, so "Yeah, it's okay."

と云っていると、わざわざしめていた帯をしめかえて、「ああしめにくい。」

When I said that, I changed the belt I had purposely to say, "Oh, it's hard to tighten."

と顔をしかめている。

Frowns.

「しめにくければ、買わなければいいのに。」

"If it's too tight, I shouldn't buy it."

と云ったら、すぐに「大きなお世話だわ。」

Immediately, "I'm indebted to you."

とへこまされた。

I was dented.

 日暮方に、南町へ電話をかけて置いて、帰ろうとしたら、清が「今夜|皆で金春館へ行こうって云うんですがね。

 I called Hinamikata to Minamimachi, and when I was going home, Kiyo said, “Tonight |

一しょに行きませんか。」

Shall we go together? "

と云った。

I said.

八重子も是非一しょに行けと云う、これは僕が新橋の芸者なるものを見た事がないから、その序に見せてやろうと云う厚意なのだそうである。

He says Yaeko should go there too. This is because he has never seen a geisha in Shimbashi, so he is willing to show it.

僕は八重子に、「お前と一しょに行くと、御夫婦だと思われるからいやだよ。」

I said to Yaeko, "I don't want to go with you because you think you're a couple."