文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

野人生計事:芥川 龍之介(116-153)/153

それから長井兵助と称した。

Then I called him Nagai.

蝦蟇の脂を売る居合抜きである。

It is a iaai selling the fat of a toad.

あの長い刀をかけた、――いや、かういふ昔の景色は先師|夏目先生の「彼岸過迄」に書いてある以上、今更僕の悪文などは待たずとも好いのに違ひない。

I put on that long sword--No, Kauifu The scenery of the old days is written in "Mr. Natsume-sensei's "Mr. Higashigashi"".

その後ろは水族館である、安本亀八の活人形である、或は又珍世界のX光線である。

Behind it is an aquarium, a live doll of Kamehachi Yasumoto, or another X ray of the rare world.

 更にずつと近い頃の記憶はカリガリ博士のフイルムである。

 The memory of the time when I was getting closer and closer was Dr. Caligari's film.

(僕はあのフイルムの動いてゐるうちに、僕の持つてゐたステツキの柄へかすかに糸を張り渡す一匹の蜘蛛を発見した。

(I found a spider whirling the thread faintly over my sticky handle that I had while the film was in motion.

この蜘蛛は表現派のフイルムよりも、数等僕には気味の悪い印象を与へた覚えがある。)

I remember that this spider gave me a weird impression, such as the number, than the expressionist film. )

さもなければロシアの女|曲馬師である。

Otherwise Russian woman | Horsewoman.

さう云ふ記憶は今になつて見るとどれ一つ懐しさを与へないものはない。

When I look at the memory of Safufu, there is no memory of nostalgia.

が、最も僕の心にはつきりと跡を残してゐるのは佐藤君の描いた光景である。

However, it is the scene drawn by Mr. Sato that leaves the most traces in my heart.

キユウピツドに扮した無数の少女の廻り梯子を下る光景である。

It is a scene of a myriad of girls dressed as Kiyupidu and descending around a ladder.

 僕も亦或晩春の午後、或オペラの楽屋の廊下に彼等の一群を見たことがある。

I also saw a group of them in the hallway of an opera dressing room on a late spring afternoon.

彼等は佐藤君の書いたやうに、ぞろぞろ廻り梯子を下つて行つた。

They walked down the ladder, just like Sato wrote.

薔薇色の翼、金色の弓、それから薄い水色の衣裳、――かう云ふ色彩を煙らせた、もの憂いパステルの心もちも佐藤君の散文の通りである。

Rose-colored wings, a golden bow, and a pale light blue costume---the sad pastel hearts that smoked the Kauffu color are as Sato's prose.

僕はマネジヤアのN君と彼等のおりるのを見下しながら、ふとその中のキユウピツドの一人の萎れてゐるのを発見した。

While looking down on Mr. N of Manageya and their descendants, I suddenly found one of the Kiyu Pits in it wilting.

キユウピツドは十五か十六であらう。

The number of kiwi pits is fifteen or sixteen.

ちらりと見た顔は頬の落ちた、腺病質らしい細おもてである。

The glimpse of the face is a thin hospitality that seems to be glandular, with the cheeks dropped.

僕はN君に話しかけた。

I talked to N.

「あのキユウピツドは悄気てゐますね。

"That kiyu pit is excited.

舞台監督にでも叱られたやうですね。」

I'm scolded by the stage director. "

「どれ?

"which one?

 ああ、あれですか?

Oh, is that?

 あれは失恋してゐるのですよ。」

That is because I have a broken heart. "

 N君は無造作に返事をした。

 N responded randomly.

 このキユウピツドの出るオペラは喜歌劇だつたのに違ひない。

 It is true that the opera that this Kiyupit came out was a comedy drama.

しかし人生は喜歌劇にさへ、――今更そんなモオラルなどを持ち出す必要はないかも知れない。

However, life is a comedy-it may not be necessary to bring out such a moral.

しかし兎に角月桂や薔薇にフツト・ライトの光を受けた思ひ出の中の舞台には、その後もずつと影のやうにキユウピツドが一人失恋してゐる。

However, on the stage of the moment when the light of rabbits and laurel squirrels and roses received the light of futto light, Kiyupito fell in love with one another in the shadows.

……

......

(大正十三年一月)

(January 1913)

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房

Sokomoto: "Complete Works of Chikuma Ju, Ryunosuke Akutagawa Complete Works Vol. 4" Chikuma Shobo

   1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行

Issued the first edition on June 5, 1971 (Showa 46)

   1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行

Publish the 11th edition of the first edition on April 10, 1979 (Showa 54)

入力:土屋隆

Input: Takashi Tsuchiya

校正:松永正敏

Calibration: Masatoshi Matsunaga

2007年6月26日作成

Created June 26, 2007

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at the Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped with the input, proofreading, and production.