文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秋山図:芥川 龍之介(145-192)/242

のみならず私も面識がある、王氏の手中に入ったのです。

Not only that, but I also got acquainted with Mr. Wang.

昔は煙客翁がいくら苦心をしても、この図を再び看ることは、鬼神が悪むのかと思うくらい、ことごとく失敗に終りました。

In the olden days, no matter how hard the smoker was, looking at this figure again was so unsuccessful that he wondered if the demon was evil.

が、今は王氏の焦慮も待たず、自然とこの図が我々の前へ、蜃楼のように現れたのです。

But now, without waiting for Mr. Wang's impatience, this figure naturally appeared in front of us like a dragonfly.

これこそ実際天縁が、熟したと言う外はありません。

It is true that the heavenly edge is ripe.

私は取る物も取りあえず、金※にある王氏の第宅へ、秋山を見に出かけて行きました。

For the time being, I went to see Mr. Wang's house in Kim * to see Akiyama.

 今でもはっきり覚えていますが、それは王氏の庭の牡丹が、玉欄の外に咲き誇った、風のない初夏の午過ぎです。

I still remember clearly, it was after noon in the windless early summer when the peony in Mr. Wang's garden bloomed outside the ball column.

私は王氏の顔を見ると、揖もすますかすまさない内に、思わず笑いだしてしまいました。

When I saw Mr. Wang's face, he burst into laughter before he even smirked.

「もう秋山図はこちらの物です。

"The Akiyama map is already here.

煙客先生もあの図では、ずいぶん苦労をされたものですが、今度こそはご安心なさるでしょう。

Mr. Smoke had a lot of trouble in that figure, but this time he will be relieved.

そう思うだけでも愉快です」

It ’s fun just to think so. ”

 王氏も得意満面でした。

Mr. Wang was also very good at it.

「今日は煙客先生や廉州先生も来られるはずです。

"Today, Dr. Smoke and Dr. Renshu should be able to come.

が、まあ、お出でになった順に、あなたから見てもらいましょう」

But, well, let's see from you in the order in which they came out. "

 王氏は早速かたわらの壁に、あの秋山図を懸けさせました。

Mr. Wang immediately hung that Akiyama map on the wall.

水に臨んだ紅葉の村、谷を埋めている白雲の群、それから遠近に側立った、屏風のような数峯の青、――たちまち私の眼の前には、大癡老人が造りだした、天地よりもさらに霊妙な小天地が浮び上ったのです。

A village of autumn leaves facing the water, a group of white clouds filling the valley, and a few folding screen-like blues standing in the distance-instantly, an old man was built in front of me. Then, a small heaven and earth that was even more spiritual than the heaven and earth emerged.

私は胸を躍らせながら、じっと壁上の画を眺めました。

I was thrilled to look at the paintings on the wall.

 この雲煙邱壑は、紛れもない黄一峯です、癡翁を除いては何人も、これほど皴点を加えながら、しかも墨を活かすことは――これほど設色を重くしながら、しかも筆が隠れないことは、できないのに違いありません。

This cloud smoke jar is an unmistakable Huang Ichimine, and with the exception of the old man, it is possible to add such wrinkles and make the best use of ink-while making the color so heavy and brush. It must not be possible to hide.

しかし――しかしこの秋山図は、昔一たび煙客翁が張氏の家に見たという図と、たしかに別な黄一峯です。

However, this Akiyama map is certainly different from the one that Smoke guest once saw at Mr. Zhang's house.

そうしてその秋山図よりも、おそらくは下位にある黄一峯です。

Then, it is probably Huang Ichimine, which is lower than the Akiyama map.

 私の周囲には王氏を始め、座にい合せた食客たちが、私の顔色を窺っていました。

Around me, Mr. Wang and other diners who were in the seat were looking at my complexion.

ですから私は失望の色が、寸分も顔へ露われないように、気を使う必要があったのです。

So I had to be careful not to reveal the disappointing color to my face.

が、いくら努めてみても、どこか不服な表情が、我知らず外へ出たのでしょう。

However, no matter how hard I tried, I wondered if somehow a dissatisfied expression went out.

王氏はしばらくたってから、心配そうに私へ声をかけました。

After a while, Mr. Wang worriedly called out to me.

「どうです?」

"how is it?"

 私は言下に答えました。

I answered the word.

「神品です。

"It is a sacred item.

なるほどこれでは煙客先生が、驚倒されたのも不思議はありません」

It's no wonder that Smoke-sensei was surprised by this. "

 王氏はやや顔色を直しました。

Mr. Wang has corrected his complexion a little.

が、それでもまだ眉の間には、いくぶんか私の賞讃に、不満らしい気色が見えたものです。

But still, in my eyebrows, I could see some dissatisfaction with my praise.

 そこへちょうど来合せたのは、私に秋山の神趣を説いた、あの煙客先生です。

The person who just came there was Mr. Smoke, who preached to me the god of Akiyama.

翁は王氏に会釈をする間も、嬉しそうな微笑を浮べていました。

While giving a bow to Mr. Wang, the old man had a happy smile on his face.

「五十年|前に秋山図を見たのは、荒れ果てた張氏の家でしたが、今日はまたこういう富貴のお宅に、再びこの図とめぐり合いました。

"Fifty years ago | I saw the Akiyama map at the desolate house of Mr. Zhang, but today I came across this map again at Tomiki's house.

まことに意外な因縁です」

It ’s a really surprising connection. ”

 煙客翁はこう言いながら、壁上の大癡を仰ぎ見ました。

Smoke guest looked up at Huang Gongwang on the wall while saying this.

この秋山がかつて翁の見た秋山かどうか、それはもちろん誰よりも翁自身が明らかに知っているはずです。

Of course, more than anyone else, he must know clearly whether this Akiyama was the one he once saw.

ですから私も王氏同様、翁がこの図を眺める容子に、注意深い眼を注いでいました。

So, like Mr. Wang, I was paying close attention to Yoko looking at this figure.

すると果然翁の顔も、みるみる曇ったではありませんか。

Then, the face of the old man was cloudy.

 しばらく沈黙が続いた後、王氏はいよいよ不安そうに、おずおず翁へ声をかけました。

After a while of silence, Mr. Wang finally called out to the old man with anxiety.

「どうです?

"how is it?

 今も石谷先生は、たいそう褒めてくれましたが、――」

Mr. Ishitani still praised me very much, but-- "

 私は正直な煙客翁が、有体な返事をしはしないかと、内心|冷や冷やしていました。

I was honestly chilling, wondering if the honest smoker would give a tangible reply.

しかし王氏を失望させるのは、さすがに翁も気の毒だったのでしょう。

However, it must have been a pity for the old man to disappoint Mr. Wang.

翁は秋山を見終ると、叮嚀に王氏へ答えました。

When the old man finished looking at Akiyama, he replied to Mr. Wang.

「これがお手にはいったのは、あなたのご運が好いのです。

"I'm lucky to have this.

ご家蔵の諸宝もこの後は、一段と光彩を添えることでしょう」

After this, the treasures of your family will be even more brilliant. "

 しかし王氏はこの言葉を聞いても、やはり顔の憂色が、ますます深くなるばかりです。

However, even when Mr. Wang hears this word, the melancholy of his face is getting deeper and deeper.

 その時もし廉州先生が、遅れ馳せにでも来なかったなら、我々はさらに気まずい思いをさせられたに違いありません。

At that time, if Dr. Renshu did not come late, we must have been even more awkward.

しかし先生は幸いにも、煙客翁の賞讃が渋りがちになった時、快活に一座へ加わりました。

Fortunately, however, the teacher joined the troupe cheerfully when the smoker's praise tended to be reluctant.