文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

秋山図:芥川 龍之介(193-242)/242

「これがお話の秋山図ですか?」

"Is this the Akiyama map of the story?"

 先生は無造作な挨拶をしてから、黄一峯の画に対しました。

The teacher gave a casual greeting and then addressed the painting by Huang Ichimine.

そうしてしばらくは黙然と、口髭ばかり噛んでいました。

Then, for a while, I was silently biting only my mustache.

「煙客先生は五十年|前にも、一度この図をご覧になったそうです」

"Mr. Smoke has seen this figure once fifty years ago."

 王氏はいっそう気づかわしそうに、こう説明を加えました。

Mr. Wang added the following explanation, even more confusingly.

廉州先生はまだ翁から、一度も秋山の神逸を聞かされたことがなかったのです。

Mr. Renshu had never heard of Akiyama's gods from the old man.

「どうでしょう?

"How about?

 あなたのご鑑裁は」

Your appraisal is "

 先生は歎息を洩らしたぎり、不相変画を眺めていました。

The teacher was looking at the out-of-phase transformation as he breathed out.

「ご遠慮のないところを伺いたいのですが、――」

"I would like to ask you what you do not hesitate to ask."

 王氏は無理に微笑しながら、再び先生を促しました。

Mr. Wang urged the teacher again while smiling forcibly.

「これですか?

"Is this?

 これは――」

this is--"

 廉州先生はまた口を噤みました。

Mr. Renshu screamed again.

「これは?」

"this is?"

「これは癡翁第一の名作でしょう。

"This is probably the first masterpiece of the old man.

――この雲煙の濃淡をご覧なさい。

-Look at the shade of this cloud smoke.

元気|淋漓じゃありませんか。

I'm fine | Isn't it Hikari?

林木なぞの設色も、まさに天造とも称すべきものです。

The coloring of the forest tree mystery should also be called Tenzo.

あすこに遠峯が一つ見えましょう。

Let's see one Tomine in Asuko.

全体の布局があのために、どのくらい活きているかわかりません」

I don't know how active the whole bureau is because of it. "

 今まで黙っていた廉州先生は、王氏のほうを顧みると、いちいち画の佳所を指さしながら、盛に感歎の声を挙げ始めました。

Mr. Renshu, who had been silent until now, looked back at Mr. Wang and began to express his emotional voice while pointing to the good points of the paintings one by one.

その言葉とともに王氏の顔が、だんだん晴れやかになりだしたのは、申し上げるまでもありますまい。

It goes without saying that Mr. Wang's face began to shine with those words.

 私はその間に煙客翁と、ひそかに顔を見合せました。

In the meantime, I secretly met the smoker.

「先生、これがあの秋山図ですか?」

"Teacher, is this the Akiyama map?"

 私が小声にこう言うと、煙客翁は頭を振りながら、妙な瞬きを一つしました。

When I whispered, the smoker shook his head and made a strange blink.

「まるで万事が夢のようです。

"Everything is like a dream.

ことによるとあの張家の主人は、狐仙か何かだったかもしれませんよ」

Perhaps the owner of the Zhang family was a fox sen or something. "

      *     *     *

* * * * * *

「秋山図の話はこれだけです」

"This is the only story about Akiyama."

 王石谷は語り終ると、おもむろに一碗の茶を啜った。

When Wang Hui finished talking, he sipped a bowl of tea.

「なるほど、不思議な話です」

"I see, it's a strange story."

 ※南田は、さっきから銅檠の焔を眺めていた。

* Minamida was looking at the flame of the copper cage from a while ago.

「その後王氏も熱心に、いろいろ尋ねてみたそうですが、やはり癡翁の秋山図と言えば、あれ以外に張氏も知らなかったそうです。

"After that, Mr. Wang enthusiastically asked various questions, but when it comes to Akiyama's map of Aki, Mr. Zhang didn't know anything else.

ですから昔煙客先生が見られたという秋山図は、今でもどこかに隠れているか、あるいはそれが先生の記憶の間違いに過ぎないのか、どちらとも私にはわかりません。

Therefore, I don't know whether the Akiyama map, in which Mr. Smoke was seen in the past, is still hidden somewhere, or whether it is just a mistake in his memory.

まさか先生が張氏の家へ、秋山図を見に行かれたことが、全体|幻でもありますまいし、――」

The fact that the teacher went to Mr. Zhang's house to see the Akiyama map is the whole | It's not a phantom, but-- "

「しかし煙客先生の心の中には、その怪しい秋山図が、はっきり残っているのでしょう。

"But the suspicious Akiyama map is clearly left in the mind of Dr. Smoke.

それからあなたの心の中にも、――」

And in your heart-- "

「山石の青緑だの紅葉の※の色だのは、今でもありあり見えるようです」

"The blue-green color of the mountain stones and the * color of the autumn leaves still seem to be visible."

「では秋山図がないにしても、憾むところはないではありませんか?」

"Then, even if you don't have the Akiyama map, isn't there anything you regret?"

 ※王の両大家は、掌を拊って一笑した。

* The two landlords of the king laughed at their palms.

底本:「日本文学全集28芥川龍之介集」集英社

Bottom book: "Complete Works of Japanese Literature 28 Ryunosuke Akutagawa" Shueisha

   1972(昭和47)年9月8日発行

Issued on September 8, 1972 (Showa 47)

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:もりみつじゅんじ

Proofreading: Morimitsu Junji

1999年5月15日公開

Published May 15, 1999

2009年9月16日修正

Revised September 16, 2009

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Created File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were responsible for the input, proofreading, and production.