文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

温泉だより:芥川 龍之介(121-176)/176

上さんはそのために長湯も出来ず、※々風呂を出てしまったそうです。

Because of that, Mr. Ue couldn't even take a long bath, and he said he had taken a bath.

 共同風呂のまん中には「独鈷の湯」の名前を生じた、大きい石の独鈷があります。

In the middle of the communal bath, there is a large stone Tokko no Yu, which gave birth to the name "Tokko no Yu".

半之丞はこの独鈷の前にちゃんと着物を袖だたみにし、遺書は側の下駄の鼻緒に括りつけてあったと言うことです。

Hannosuke says that he had properly folded his kimono into sleeves in front of this lonely man, and his suicide note was tied to the clogs on the side.

何しろ死体は裸のまま、温泉の中に浮いていたのですから、若しその遺書でもなかったとすれば、恐らくは自殺かどうかさえわからずにしまったことでしょう。

After all, the corpse was floating in the hot springs naked, so if it wasn't the suicide note, it probably wouldn't even be known if it was suicide.

わたしの宿の主人の話によれば、半之丞がこう言う死にかたをしたのは苟くも「た」の字病院へ売り渡した以上、解剖用の体に傷をつけてはすまないと思ったからに違いないそうです。

According to the owner of my inn, Hannosuke died like this because he sold it to the Tanoji Hospital, so I'm sorry to hurt his dissecting body. It must have been because I thought.

もっともこれがあの町の定説と言う訣ではありません。

However, this is not the established theory of the town.

口の悪い「ふ」の字軒の主人などは、「何、すむやすまねえじゃねえ。

The owner of the sloppy "fu" character eaves said, "What, I'm sorry.

あれは体に傷をつけては二百|両にならねえと思ったんです。」

I thought that it wouldn't be 200 | both if it hurt my body. "

と大いに異説を唱えていました。

I was very disagreeable.

 半之丞の話はそれだけです。

That's the only story about Hannosuke.

しかしわたしは昨日の午後、わたしの宿の主人や「な」の字さんと狭苦しい町を散歩する次手に半之丞の話をしましたから、そのことをちょっとつけ加えましょう。

But yesterday afternoon, I talked about Hannosuke as the second person to take a walk in the cramped town with my innkeeper and the character "na", so let's add that.

もっともこの話に興味を持っていたのはわたしよりもむしろ「な」の字さんです。

However, it was the character "na" rather than me who was interested in this story.

「な」の字さんはカメラをぶら下げたまま、老眼鏡をかけた宿の主人に熱心にこんなことを尋ねていました。

With the camera hanging, the character "na" enthusiastically asked the innkeeper, who wore reading glasses, about this.

「じゃそのお松と言う女はどうしたんです?」

"Then what happened to the woman named Omatsu?"

「お松ですか?

"Are you a pine?

 お松は半之丞の子を生んでから、……」

Omatsu gave birth to Hannosuke's child, then …… 」

「しかしお松の生んだ子はほんとうに半之丞の子だったんですか?」

"But was the child born of Omatsu really a child of Hannosuke?"

「やっぱり半之丞の子だったですな。

"After all, he was a child of Hannosuke.

瓜二つと言っても好かったですから。」

It was good to say two melons. "

「そうしてそのお松と言う女は?」

"And who is that pine?"

「お松は「い」の字と言う酒屋に嫁に行ったです。」

"Omatsu went to a liquor store called" I "to get married. "

 熱心になっていた「な」の字さんは多少失望したらしい顔をした。

The enthusiastic "na" character looked a little disappointed.

「半之丞の子は?」

"What about Hannosuke's child?"

「連れっ子をして行ったです。

"I went with my child.

その子供がまたチブスになって、……」

The child became typhus again ... "

「死んだんですか?」

"Are you dead?"

「いいや、子供は助かった代りに看病したお松が患いついたです。

"No, the child was affected by the pine tree that was cared for instead of being saved.

もう死んで十年になるですが、……」

It's been ten years since I died, but ... "

「やっぱりチブスで?」

"After all it is typhus?"

「チブスじゃないです。

"It's not typhus.

医者は何とか言っていたですが、まあ看病疲れですな。」

The doctor said something, but I'm tired of nursing. "

 ちょうどその時我々は郵便局の前に出ていました。

At that time, we were in front of the post office.

小さい日本建の郵便局の前には若楓が枝を伸ばしています。

Waka Kaede is growing a branch in front of a small Japanese post office.

その枝に半ば遮られた、埃だらけの硝子窓の中にはずんぐりした小倉服の青年が一人、事務を執っているのが見えました。

I saw a young man in Kokura clothes, half-obstructed by the branches, in a dusty glass window, in charge of clerical work.

「あれですよ。

"That's it.

半之丞の子と言うのは。」

What is Hannosuke's child? "

「な」の字さんもわたしも足を止めながら、思わず窓の中を覗きこみました。

Both the character "na" and I stopped and looked into the window.

その青年が片頬に手をやったなり、ペンが何かを動かしている姿は妙に我々には嬉しかったのです。

It was strangely gratifying to see the young man touching one cheek and the pen moving something.

しかしどうも世の中はうっかり感心も出来ません、二三歩先に立った宿の主人は眼鏡越しに我々を振り返ると、いつか薄笑いを浮かべているのです。

However, the world cannot be inadvertently impressed. The innkeeper, who stood a few steps ahead, looked back at us through his glasses and someday smiled.

「あいつももう仕かたがないのですよ。

"There is always no way to do it anymore.

『青ペン』通いばかりしているのですから。」

I just go to "Blue Pen". "

 我々はそれから「き」の字橋まで口をきかずに歩いて行きました。

We then walked to the "ki" -shaped bridge without speaking.

……

......

(大正十四年四月)

(April 1914)

底本:「芥川龍之介全集6」ちくま文庫、筑摩書房

Bottom book: "Complete Works of Ryunosuke Akutagawa 6" Chikuma Bunko, Chikuma Shobo

   1987(昭和62)年3月24日第1刷発行

Issued the first print on March 24, 1987 (Showa 62)

   1993(平成5)年2月25日第6刷発行

Issued the 6th print on February 25, 1993 (Heisei 5)

底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房

Parent of the bottom book: "Complete Works of Chikuma, Complete Works of Ryunosuke Akutagawa", Chikuma Shobo

   1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月

March 1971 (Showa 46) to November 1971 (Showa 46)

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:大野晋

Calibration: Susumu Ohno

1999年1月17日公開

Published January 17, 1999

2004年3月9日修正

Revised March 9, 2004

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, proofreading, and production.