文学その6

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

日光小品:芥川 龍之介(86-120)/120

そうしてただ笑った。

Then I just laughed.

小供たちの声に驚かされたとみえておばあさんも私たちの方を見た。

The grandmother looked at us as if she was surprised by the voices of the small servants.

けれどもおばあさんは盲だった。

But the grandmother was blind.

 私はこのよごれた小供の顔と盲のおばあさんを見ると、急にピーター・クロポトキンの「青年よ、温かき心をもって現実を見よ」という言が思い出された。

When I saw this dirty face and blind grandmother, I suddenly remembered Peter Kropotkin's words, "Youth, look at reality with a warm heart."

なぜ思い出されたかはしらない。

I don't know why it was remembered.

ただ、漂浪の晩年をロンドンの孤客となって送っている、迫害と圧迫とを絶えずこうむったあのクロポトキンが温かき心をもってせよと教える心もちを思うと我知らず胸が迫ってきた。

However, I was struck by the feeling that Kropotkin, who was a lonely guest in London during his later years of wandering and was constantly suffering from persecution and oppression, taught him to have a warm heart.

そうだ温かき心をもってするのは私たちの務めだ。

Yes, it is our duty to have a warm heart.

 私たちはあくまで態度をヒューマナイズして人生を見なければならぬ。

We have to humanize our attitude and see our lives.

それが私たちの努力である。

That is our effort.

真を描くという、それもけっこうだ。

Drawing the truth is fine.

しかし、「形ばかりの世界」を破ってその中の真を捕えようとする時にも必ず私たちは温かき心をもってしなければならない。

However, we must always have a warm heart when trying to break the "world of form" and capture the truth in it.

「形ばかりの世界」にとらわれた人々はこのあばら家に楽しそうに遊んでいる小児のような、それでなければ盲目の顔を私たちの方にむけて私たちを見ようとするおばあさんのような人ばかりではあるまいか。

People trapped in the "world of form" are like children playing happily in this staggered house, or grandmothers who would otherwise look at us with their blind faces facing us. Isn't it just?

 この「形ばかりの世界」を破るのに、あくまでも温かき心をもってするのは当然私たちのつとめである。

Of course, it is our duty to have a warm heart to break this "world of shapes".

文壇の人々が排技巧と言い無結構と言う、ただ真を描くと言う。

People in the literary world say that it is a skillful technique, and that it is fine, it just draws the truth.

冷やかな眼ですべてを描いたいわゆる公平無私にいくばくの価値があるかは私の久しい前からの疑問である。

It's been a long time since I wondered if the so-called fairness and selflessness of drawing everything with a frosty eye is worth it.

単に著者の個人性が明らかに印象せられたというに止まりはしないだろうか。

Isn't it just that the individuality of the author was clearly impressed?

 私は年長の人と語るごとにその人のなつかしい世なれた風に少からず酔わされる。

Every time I talked to an older person, I was not a little intoxicated by the nostalgic wind of that person.

文芸の上ばかりでなく温かき心をもってすべてを見るのはやがて人格の上の試錬であろう。

Seeing everything not only in literary arts but also with a warm heart will soon be a test of personality.

世なれた人の態度はまさしくこれだ。

This is exactly the attitude of the world.

私は世なれた人のやさしさを慕う。

I yearn for the kindness of people in the world.

 私はこんなことを考えながら古河橋のほとりへ来た。

I came to the bank of Furukawa Bridge thinking about this.

そうして皆といっしょに笑いながら足尾の町を歩いた。

Then I walked around the town of Ashio, laughing with everyone.

 雑誌の編輯に急がれて思うようにかけません。

Do not rush to edit the magazine as you wish.

宿屋のランプの下で書いた日記の抄録に止めます。

I will stop at the abstract of the diary I wrote under the lamp of the inn.

(明治四十四年ごろ)

(Around 1884)

底本:「羅生門・鼻・芋粥」角川文庫、角川書店

Bottom book: "Rashomon, nose, potato porridge" Kadokawa Bunko, Kadokawa Shoten

   1950(昭和25)年10月20日初版発行

First edition issued on October 20, 1950 (Showa 25)

   1985(昭和60)年11月10日改版38版発行

Published 38th edition revised on November 10, 1985 (Showa 60)

入力:j.utiyama

Input: j.utiyama

校正:かとうかおり

Calibration: Kaori Kato

1999年1月11日公開

Published January 11, 1999

2004年3月10日修正

Revised March 10, 2004

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were responsible for the input, proofreading, and production.